海と空

半年間、生きるためだけに、四角を数えながら描き続け、およそ54万3千個の四角を描いた作品。No.1からNo.15のボードを下から上へ重ね合わせて一つの平面作品となる。

全体として精神の暗い海の底から水面へ這い上がるまでのプロセスを表している。当時の私の精神状態を強く反映しており、渦巻く死の恐怖心を赤、青、黄、緑のグロテスクな色彩によって吐き出している。時には自分の涙、血液さえも使った。

苦しみが薄れ、四角を描くことだけに私の全てが機能していくにつれ、作品の世界は澄んでいった。その瞬間の自分の命を確かめるように、カウントの音と共に四角の数を一つ一つ感覚に刻み込んだ。

最後の4日間のライブパフォーマンスの中で、Squaresの現在のコンセプトに辿り着くと同時に、飯泉あやめの「生」の方向性が形成された。

 A work that draws about 543,000 squares, continuing drawing while counting squares, just to live for half a year. The boards No. 1 to No. 15 are stacked from the bottom to the top to form one flat work. 

 It represents the process from the bottom of the dark sea of spirit to the surface of the water. It strongly reflects my mental state at that time, expressing the fear of death with red, blue, yellow and green colours. Sometimes I even used my tears and blood. 

 The world of works became clearer as all of my functions concentrated on drawing only squares. 

 In the last four days of live performances, I arrived at the present concept of “Squares”, and at the same time, my “live” direction was formed.

Photo by Kenji Oda