An Apple

 An Appleはりんごをかじるセルフポートレート作品。りんご1個をかじり始めてからかじり終わるまでを記録する。

撮影は真冬に行う。それは東日本大震災を青森県で経験したときの記憶に基づくため。外は吹雪だった。孤独だった。宿の方がりんごジュースを温めて振る舞ってくれた。口にしている時は孤独や不安から解放され、無垢な自分でいられた。りんごのエネルギーが体に満ち、私は生きていけると感じた。

やがて、りんごは命の象徴となり、かじることと生きることが重なった。私が生きる希望を見失っていた頃、りんごをかじることで生きることを思い出そうとしていた。記憶は流れる。だから私は記憶の中の生きている自分の姿を作品にした。

 This is a self portrait eating an apple. Shoot from the time I start eating one apple to the time I finish eating.

I will shoot in midwinter because this work is based on the memory of the Great East Japan Earthquake. It was snowstorm outside. I was alone. One of the hotel staff warmed and gave us apple juice. When I was drinking it, I was free from loneliness and anxiety, and I was innocent myself as if I was a child. I felt that the energy of the apple filled my body and I could live.

Before long, apples became a symbol of life, and eating and living overlapped. When I lost my hope of living, I was trying to remember living by eating an apple. Memory flows. So I made a living figure of me in my memory.