投稿日:

生きること

わたしは感覚の世界(目に見えない)と物質の世界(目に見える)、2つの世界に生きている。

皆、そうだと思うのだけど、わたしは特に感覚の世界に大きく偏って感じている。

例えば、空を見上げた時、「青い」「曇っている」「鳥がいる」などは物質の世界。

「つながっている感じ」「平和的」「エネルギーを感じる」「たくさんの色を感じる」は感覚の世界。

わたしは、建物や木々、人や地形すらその形状をしたエネルギーの塊として受け取り、更に有機物は周囲と被って見える(エネルギーが循環して代謝して常に変化している感じに見える)ので、

人の顔をちゃんと覚えられなかったり、時間軸がわからなくなったり、よく道に迷う。

 

先日、原因はわからないけれど、感覚が働かなくなった時があった。

完全に物質しか見えなくなって、そうしたら、

自分が世界のどこに存在していて、どこへ向かって行くのか、全くわからなくなった。

恐怖だった。

骨と肉と皮がついてる人形になった気分だった。

空と植物と空気と、会話を、しなくては。

わたしどうやってたんだっけ、、、?

とにかく外に出て、植物に触れることにした。

アトリエのそばの林へ行った。

林には樹齢300年ほどの杉の木があって、そのうち2本は、今年の台風で折れてしまった。

その後、いくつかに解体されて並べられている。

その一つに腰掛けた。

すると、自分の体温よりちょっと低いくらいの何かがわたしの上半身に下から満ちて行くのを感じた。

木々の間を風が吹いた。

木々の木漏れ日の色が見え、風の形が見えた。切りたての杉の断面からは、生ぬるい何かが上へ上へほとばしっていた。

わたしは感覚の世界に戻った。

 

 

この経験はわたしに重要な気づきを与えてくれた。

「自分が世界のどこに存在していて、どこへ向かって行くのか」

地理的にどこにいて、どこへ移動するかではない。

感覚は生きることそのものを教えてくれている。

 

 

目に見えない世界と繋がっていながら、目に見える世界と関わることに、自己分裂しそうな苦しさを感じることはたくさんある。

ずっとそうだった。

わたしはもっとわたしとして世界で生きていたい。

はじまりは本当にただそれだけだ。