投稿日:

Livepainting x 長谷川大地 x TEDxTsukuba2018

 

ライブペインティングを終えて、「インスタレーションでもあるのですか?」と聴かれました。

その通りです。

物理的に描いているのは平面ですが、感覚のキャパシティは空間全体に広がっており、

オーディエンスと長谷川大地さん、飯泉あやめのその瞬間のエネルギーが融合されて生まれるパフォーマンスであり、空間そのものです。

オーディエンスはその空間そのものを体感します。

 

今回のパフォーマンスはTEDxTsukuba2018の一環としてやらせていただきました。

イーアスつくばのサイバーダインスタジオ奥にあるオムニビジョンをお借りし、

シアターのように鑑賞に徹することのできる環境下において、

音と絵の具と人間とがデフォルメされ、約15分間の完全なる沈黙の中で、表現の破壊と創造が生々しく繰り返されます。

 

冒頭の”おどり”によって私たちは個を脱皮し、人間として目覚めます。

その過程で感覚→表現の心地よい回路を会得します。

表現範囲はパネルにとどまる事なく、表現者の皮膚に及びます。

絵の具を唇にあてがったかと思えば、太鼓に歩み寄りじっと音を聴き、喜び、絵の具をパネルに打ちつけます。

飛び散った絵の具がボタボタと音を立てて、衣装に、足元に爪痕を残します。

描かれた形は、思考の介入する余地なく上描きされてゆき、新たな瞬間創造の餌食となります。

狂気的なようで理性は冷静かつ正常に機能し、わたしは完全でありました。

最高に生きていました。

 

また必ずパフォーマンスの場をしつらえたいとおもいます。

健やかにご期待くださいませ。

 

みんなみんな

ありがとう

愛を込めて

運営 TEDxTsukuba2018

会場 CYBERDYNE STUDIO

共演 長谷川大地

資材協力 有限会社 筒井塗装 土浦市青年会議所

制作協力 野掘真哉 木村真代