投稿日:

みことのいろ-春- 感謝

終えて、感じたのは、魂の底から溺れるほどの熱い感謝

そして、

「もっと描きたい」

描き始めて、自分自身の変化に気がついた。

「私は」、「こう描く」「こう残す」「こう見せる」「こうしたい」「こうありたい」

自分のエネルギーが意図的に介入している感じ。それはそれで引き締まるパワーがある。昨年秋まではその傾向が強かったように思う。

でも今回は、意図より、ただただそこで起こる因果を感じていた。

私が思う私でなく、”何か”として。

目が隠れる白いウィッグはその心境で着用した。

“何か”になったことで、私の意識も”どこか”にあった。

自分と世界との間のどこかへ。

私がイメージしていたのは、パフォーマンスはじめの30分ほどまで。

こんなにも絵の具まみれになるとは思っても見なかったし、

描いたそばから足で消されたり、

楽器にまで描いたり、

ダンサーを抱きしめたり、

自己主張を四方八方から同時に受けたり、

カオスとパーフェクトが表裏一体の世界。

いのちはこんなにもあつい。

赤い絵の具を多く使用することに決めたのは、開演直前で、

あの嵐のように吹き荒れる春一番のエネルギーにインスパイアされた。

あついあつい血液が、私をゆっくりと溺れさせる。

描き終えてもしばらくはいのちが私の気管を塞いでいたのと、意識もどこかにいったままで、肉体の動かし方がよくわからなかった。

なんとなく動けるようになって最後にほんとうにゆっくりと合掌した。

祈ることもまた、意識が何か全く異次元に昇華される感じがする。

ここで混ざり合ったあつい何かが、渦巻くひと塊りとなって、昇華されていった。

もしも、このひと塊りが魂のようなもので、遠い宇宙に届くのだとしたら、、、

そんなことを考えていた。

“あやめ”に戻ってからは、あついいのちは、感謝となって私を再び溺れさせた。

こっそり涙を流してとりあえずは落ち着いてから、もっと描きたいな、と思った。

湧き上がる何かを、自分と世界の間にある何かを、宇宙に届く神秘を。

描くことは、見えるし、残るのだ。

見せよう、残そうという意図がない今回の状況下において、描くことの当たり前のような意味に、またひとつ気が付いた。

残すのか、残るのか。

圧倒的ないのちの宇宙の中で、私はどう在るのか。自然と芸術。人間のあり方。私の生き方。

問いが私を動かす。

体験と気づきによって、私と私の作品は、作品を体験してくださった人々と共に、進化していく。

ありがとう。

つづく。

Photo by Masayo Kimura

みことのいろ-春-

絵 飯泉あやめ

音 長谷川大地

踊 中野香澄

会場 石倉璃厨RIZ

協賛 つくば里の文化

協力 野堀 真哉(運営)、木村 真代(制作)、筒井塗装(塗料)、佐野 匠(映像)

当日、作品への参加、あたたかな差し入れや、駐車場のご協力をしてくださった最高な皆さま

そして、春の嵐の中はるばるお越し下さった愛する皆さま

感謝。