投稿日:

アートパフォーマンスを開催します。

〜その魂 にわか雨の夜に火を灯し〜

” 苦しいことがわかっていて、なぜもっと生きようとするのだろう。
生きる力は、死んでいく力と拮抗して生まれるものなのかもしれない。
せめてこの炎が消える前に、涙を流しながら命を喜ぼう。
涙もにわか雨に流れ、また何かの命となっていく。”

—————————————————————-

 飯泉あやめと江崎聖桜の待望のコラボレーションによる、肉体・精神・そして空間に及ぶライブペインティング。

 二人は、心の暗闇に呼び寄せられるように出会った。己の生命を絵の具にして、時には血液すらも愛した二人の表現は、どこまでも人間らしく、人肌の温かさを与えていく。

 会場となる建物は、夜のパチンコ屋跡地。その場所を、ようやく人の輪郭と心を持った二人の魂が生きる唯一の世界として重ねた時、人々は何を見出すのだろう。その炎が燃え尽きた時、何が残るのだろう。

-アーティスト-

●飯泉あやめ Ayame Iizumi
 幼少期からおよそ20年間にわたる生死の葛藤の中で、あやめの命は生きるため、芸術と固く契約を結んだ。彼女の底知れぬ生命力は「生きるとは何か」という狂気的な問いとなって、言葉にならない人間の根源的な力を奮起させる。
http://ayameiizumi-ringochan.art/bio

●江崎聖桜 Seioh Ezaki
 中国人と日本人の狭間をさまよい、自身のアイデンティティーを追い求めることで、”聖桜”という確固たる輪郭が出来上がった。芸術・医学・身体運動へのとめどないアクションによって、精神と肉体のパーフェクトな融合を目指す。

<日時>
11月2日(土)会場19:00、開演19:30

<会場>
つくば市花島新田4-124
TXみどりの駅から徒歩6分のパチンコ屋跡地・屋内
(駐車場20台)

<料金>
一般3000円、学生2000円
事前に下記URLからチケットのご購入をお願い致します。Peatixのご利用は無料です。
https://niwakaame.peatix.com/view

facebookイベントページ

会場となる建物のエピソード