コラボレーションライブ&トークショーを開催します。

【フラメンコ×ライブペインティング コラボレーションライブ&トークショー 〜生きるって何だ。〜】

自分の弱さを見つめながら踊り・描きはじめる。希望というとかっこよすぎるけれど、良い方へ向かっていけるといい。ああ、わたしの生きるって、わたしたちの生きているって、こんな感じだったと。どの時代にもどの人生にも困難はきっとある。その中のたった一夜。良い夜となるよう、等身大の愛を込めて。

飯泉あやめ(絵※②のみ出演)

永田健(ダンス)

細川晶生(ギター)

鈴木知美(歌)

会期・イベント内容

2021年10月30日(土)

下記①②③の中からお選びいただき、メールにお書き添えの上、お申し込みください。

①オープニングフラメンコライブ「シエスタ・フラメンコ」14:00-14:45 開場13:30チケット:2000円/ワンドリンク付き<30席限定>

フラメンコにまつわるお話を聞きながら、踊り・ギター・カンテ(歌)をお楽しみください。

②コラボレーションライブ&トークショー「生きてるって、何だ。」17:00-19:00 開場16:30チケット:4500円/ワンドリンク付き<30席限定>

③コラボレーションライブのアーカイブ映像:1000円

ライブ翌日より2週間、インターネットご利用下でアーカイブ映像をお楽しみいただけます。※トークショーは含まれません。メールでのお申し込み時に視聴方法をご案内します。

会場

石蔵Shiten(シテン)茨城県つくば市神郡111

googleマップ https://goo.gl/maps/2B5SupjHUJGSb75x7

市営筑波山神郡駐車場(無料)より徒歩1分

チケットのご予約・お問い合わせ先

INTERNATIONAL ART EXHIBITION DE.MOにて展示

DE.MO Lifestyle コンセプト

” M.A.D.S.の挑戦は、 2021年9月に開催される今回のデザイン・ファッションウィークのために、オートクチュールのドレスのライン、色、形を観察し、特注品や過去に残されたオリジナルの芸術作品からインスピレーションを得るとい うものです。メディア的にも重要な2つの国際イベントが、史上初めてファッションの街ミラノで同月に開 催されることになり、世界中の多くの人々の注目を集めています。DE.MO」は、「MO.DE」と「DE.MO」 の中間に位置するM.A.D.S.の展覧会で、ファッションとデザインの融合にアートで貢献したいと考えている 国際的なシーンで活躍するさまざまなアーティストの作品を紹介しています。トレンドを左右する2つの分 野、私たちの存在を適応させなければならない生活スタイル。昨日まで革命的だったものがファッションに なり、今日は私たちがいる。”

Concept edited by Art Curators
Erika Gravante -graduated in Product Design, master in Visual Merchandising- Federica D’Avanzo -graduated in Art Management-

M.A.D.S ギャラリーはイタリア・ミラノにあるギャラリーで、大小様々なスクリーンを用いて、デジタル展示を行う革新的なギャラリーです。このシステムはコロナ禍でも稼働し続けて、人々にインスピレーションを与え続けています。観賞者は高画質で鮮明な作品を、できる限り実態に近い印象で観賞でき、スクリーンをタッチすることで、作品のディテールをクローズアップすることができます。

今回、キュレーターのLisaさんよりオファーをいただき、文字を絵画に発展させた作品シリーズの中で今回の展覧会のために描きあげた作品「HOPE」を出展しています。HOPEを通じて世界中の皆様の生命とつながり合うと共に、世界的ファッションウィークとの素晴らしいインスピレーションの渦へ貢献できるよう願っています。

HOPE
2021 Acrylic on wood panel 727*606mm

展覧会のお知らせ


身の回りの自然を感じて、ボーッとしているのが好き。窮屈になった頭や心や体をほぐし、解放してくれる。太陽の光は世界の美しさを知らせ、わたしを暖かくしてくれる。いい気持ちになって、人間界に戻れるんだ。この世界は愛と知恵でできているなあ。励まし合って、いろんな道具を作って、暮らしをよくしている。

それでも、生きることは相変わらずに苦しい。幸せとも感じる。最近は、いわゆる良い面も悪い面も、その間の複雑なところも、心に共存しているのを豊かと呼ぶようになった。あまりに満たされすぎて、消えてしまいそうになる。わたしは問う。もし本当に死んでしまうのなら?

その瞬間、起こる。魂の空虚から風がうねり吹いてくる。水が湧き、世界が照らされ、腹が熱を帯びる。全てが生きろと訴えかけてくる。昔は狂気にかられた。今は目を思い切り見開いて、自分を強く持って彼らを直視するんだ。描くために。

Gallery jin ウェブサイト

Gallery jin アクセス(googleマップ)つくば市古来1420-1

オンライン配信イベントのお知らせ

【JAPAN LIVE ART MEETING 2020】

★11/28(土)オンライン開催

★閲覧無料

★配信URL→http://www.pscp.tv/bonny_colart/

東日本ペインター12:00-13:00

西日本ペインター14:00-15:00

各都市リーダーペインター16:00-17:00←あやめは茨城県担当としてこちらに出演

***********************************************

JAPAN LIVE ART MEETINGとは

JAPAN LIVEART MEETINGは、主宰のk:soul:yが若い絵描き、ペインターに活動の場所や日の当たる場所を作りたい。

街の人にも、生でかかれる絵に触れて、『日常にはたくさんのアートがある』ということを感じてほしい。という思いから、全国のライブペインターを集結させ、「芸術の街」柏で2014年から開催しているアートフェスです。

2018年からは新たに「8月2日、アートの日の設立」、「47都道府県でのアートフェス同時刻開催」を目標に掲げ、集結したペインターたちに企画を持ち帰ってもらい、ペインターの地元での開催を促しています。

今年は初の試みであるあオンライン開催が実現。こんな時だからこそ実現したイベントに、全国61名のペインターが集う。

***********************************************

あやめの想い

コロナの顕在化によって、あやめは”今あるもの” をいっそうかけがえなく感じるようになりました。

いのち、身近な人、地域、自然…それらは確かにわたしの血となり今日のわたしを生かしています。

指先から引かれる線によって見えるようになったわたしの血液たちよ、

誰かの、いやきっと顔の浮かぶあの人やあの人の血となり肉となり、生きる糧になってゆけ…。

茨城県南部にたつ筑波山の中腹に今年オープンした #旧小林邸ひととき でのライブペイント。

世の混乱の中であがった産声の美しさよ。

偶然か必然か時は夕刻。

太陽が沈みゆく一瞬の美しさの余韻を魂に宿して、

冷気と暗闇の気配に比例して力強く轟く、

一人の人間の鼓動に回帰して、ただ、線をひいていく。

いまなお生きていることに静かに驚きながら。

展覧会のお知らせ

飯泉あやめ×江崎聖桜 絵画作品展「曙光(しょこう)」

2019年2月14(金)〜2月26(水)10:00-18:00 木曜休

【作家在廊日】

13:00-17:00

飯泉:火、金、土、日 江崎:月、水、土、日

【トークイベント】

2月16日(日)14:00-15:30 無料

【会場】

Cafe Salon Art gallery Cloud Nine

茨城県つくば市大角豆(ささぎ)945

アクセスhttps://cloudnine2010.jimdofree.com/アクセス-地図/

昨年11月の行ったアートパフォーマンス「その魂 にわか雨の夜に火を灯し」にて描いた幅5.4メートルの作品を展示いたします。

ひたむきに生きる二人の魂がひとつのキャンバスの上に静かに燃え尽きたあの夜、何が生まれたのか。

トークイベントでは、パフォーマンス中の二人の心境を、記録映像を観ながらありのままにお話いたします。

アートパフォーマンスを開催します。

〜その魂 にわか雨の夜に火を灯し〜

” 苦しいことがわかっていて、なぜもっと生きようとするのだろう。
生きる力は、死んでいく力と拮抗して生まれるものなのかもしれない。
せめてこの炎が消える前に、涙を流しながら命を喜ぼう。
涙もにわか雨に流れ、また何かの命となっていく。”

—————————————————————-

 飯泉あやめと江崎聖桜の待望のコラボレーションによる、肉体・精神・そして空間に及ぶライブペインティング。

 二人は、心の暗闇に呼び寄せられるように出会った。己の生命を絵の具にして、時には血液すらも愛した二人の表現は、どこまでも人間らしく、人肌の温かさを与えていく。

 会場となる建物は、夜のパチンコ屋跡地。その場所を、ようやく人の輪郭と心を持った二人の魂が生きる唯一の世界として重ねた時、人々は何を見出すのだろう。その炎が燃え尽きた時、何が残るのだろう。

-アーティスト-

●飯泉あやめ Ayame Iizumi
 幼少期からおよそ20年間にわたる生死の葛藤の中で、あやめの命は生きるため、芸術と固く契約を結んだ。彼女の底知れぬ生命力は「生きるとは何か」という狂気的な問いとなって、言葉にならない人間の根源的な力を奮起させる。
http://ayameiizumi-ringochan.art/bio

●江崎聖桜 Seioh Ezaki
 中国人と日本人の狭間をさまよい、自身のアイデンティティーを追い求めることで、”聖桜”という確固たる輪郭が出来上がった。芸術・医学・身体運動へのとめどないアクションによって、精神と肉体のパーフェクトな融合を目指す。

<日時>
11月2日(土)会場19:00、開演19:30

<会場>
つくば市花島新田4-124
TXみどりの駅から徒歩6分のパチンコ屋跡地・屋内
(駐車場20台)

<料金>
一般3000円、学生2000円
事前に下記URLからチケットのご購入をお願い致します。Peatixのご利用は無料です。
https://niwakaame.peatix.com/view

facebookイベントページ

会場となる建物のエピソード


展示期間終了 ありがとうございました!

 

「みことのいろ-春-」展にお越しくださり、ありがとうございました。

 

本当にたくさんの方々のご協力を得て、制作・展示をさせていただくことができました。

 

展示期間中、初めましての方も、駆けつけてくださった方も、パフォーマンスに来たかったのだけど当日行けなくて、、、という方も、皆様と交流でき、そして、作品の世界観に少しでも触れていただけて、本当に嬉しかったです。

 

2日間という短い期間でしたが、次へとつながるご縁をいただくなど、感謝がやみません。。。

 

私の作品との出会いが、また、皆様との一期一会が、できる限り魂ゆさぶる瞬間となり未来を生きていく力となるよう、日々、自己の価値観の破壊と創造を繰り返し、最新の私であり続けるよう精進してまいります。

 

これからもどうかお見守りください。

 

みことのいろ-春-展示のご案内 The Exhibition of Mikoto-no-Iro

撮影:佐野 匠

 

 

 

 

 

 

2月4日に行ったライブペインティング「みことのいろ-春-」の作品の展示をさせていただきます。

作品がまた人目に触れることができるご縁に、心より感謝いたします。

できる限り実際に近い雰囲気を体験していただけるよう、

ペインティング作品と共に映像の投影も予定しております。

音と踊りが石造りの蔵にこだまし、いのちあった様を、ありありと残る絵の具の色々と共に感じていただければと思います。

(映像はカメラマンの佐野匠さんの撮影です)

We will exhibit an art work created at “Mikoto-no-Iro” on February 4th.

“Mikoto-no-Iro” is an ad lib and live painting performance to paint all inspiration of life.

Thank you for the opportunity to exhibit my work.

We will project a recoded image beside of a painting in other to reproduce the air of that world includes sound and dance.

(Takumi Sano filmed)

***

とき:3月30日(土)、31日(日)11:00-17:00

両日とも私が在廊しております。

ところ:石倉RIZ

茨城県つくば市神郡111 (つくば駅から車で約25分)

駐車場は現地の案内をご覧くださいませ。

なお、12:00-16:00には、同じ会場のテラスにてカフェが営業しております。

色とりどりの具材たっぷりのカレーもご提供されるとこのことです、筑波山を望みながらご賞味ください。

<Date > 30-31/3  11:00 a.m.-5:00 p.m.

I will stay both days.

<Place>  Ishigura-RIZ

<Adress>  111 Kangoori Tsukuba Ibaraki

It takes about 25 mins from Tsukuba station by car.

Please check information about the parking at the site.

You can also enjoy delicious curry and drinks at cafe open 12:00 p.m.-16:00 p.m.

 

***

4月1日までの3日間は「ゆけゆけ!乙女のつくば道」というイベント期間でもございます。

つくば道界隈を散策でき、見どころお楽しみどころ満載です。

春を感じる週末のご予定に、ぜひお越しください。

An spring event will be held on 1/4-30/3 around this area.

MAP↓乙女のつくば道のマップチラシ表・裏(クリックしてpdfをご覧いただけます)

 

皆様にお目にかかれることを楽しみにお待ちしております。

Thank you

 

 

 

 

 

みことのいろ-春- 感謝

終えて、感じたのは、魂の底から溺れるほどの熱い感謝

そして、

「もっと描きたい」

描き始めて、自分自身の変化に気がついた。

「私は」、「こう描く」「こう残す」「こう見せる」「こうしたい」「こうありたい」

自分のエネルギーが意図的に介入している感じ。それはそれで引き締まるパワーがある。昨年秋まではその傾向が強かったように思う。

でも今回は、意図より、ただただそこで起こる因果を感じていた。

私が思う私でなく、”何か”として。

目が隠れる白いウィッグはその心境で着用した。

“何か”になったことで、私の意識も”どこか”にあった。

自分と世界との間のどこかへ。

私がイメージしていたのは、パフォーマンスはじめの30分ほどまで。

こんなにも絵の具まみれになるとは思っても見なかったし、

描いたそばから足で消されたり、

楽器にまで描いたり、

ダンサーを抱きしめたり、

自己主張を四方八方から同時に受けたり、

カオスとパーフェクトが表裏一体の世界。

いのちはこんなにもあつい。

赤い絵の具を多く使用することに決めたのは、開演直前で、

あの嵐のように吹き荒れる春一番のエネルギーにインスパイアされた。

あついあつい血液が、私をゆっくりと溺れさせる。

描き終えてもしばらくはいのちが私の気管を塞いでいたのと、意識もどこかにいったままで、肉体の動かし方がよくわからなかった。

なんとなく動けるようになって最後にほんとうにゆっくりと合掌した。

祈ることもまた、意識が何か全く異次元に昇華される感じがする。

ここで混ざり合ったあつい何かが、渦巻くひと塊りとなって、昇華されていった。

もしも、このひと塊りが魂のようなもので、遠い宇宙に届くのだとしたら、、、

そんなことを考えていた。

“あやめ”に戻ってからは、あついいのちは、感謝となって私を再び溺れさせた。

こっそり涙を流してとりあえずは落ち着いてから、もっと描きたいな、と思った。

湧き上がる何かを、自分と世界の間にある何かを、宇宙に届く神秘を。

描くことは、見えるし、残るのだ。

見せよう、残そうという意図がない今回の状況下において、描くことの当たり前のような意味に、またひとつ気が付いた。

残すのか、残るのか。

圧倒的ないのちの宇宙の中で、私はどう在るのか。自然と芸術。人間のあり方。私の生き方。

問いが私を動かす。

体験と気づきによって、私と私の作品は、作品を体験してくださった人々と共に、進化していく。

ありがとう。

つづく。

Photo by Masayo Kimura

みことのいろ-春-

絵 飯泉あやめ

音 長谷川大地

踊 中野香澄

会場 石倉璃厨RIZ

協賛 つくば里の文化

協力 野堀 真哉(運営)、木村 真代(制作)、筒井塗装(塗料)、佐野 匠(映像)

当日、作品への参加、あたたかな差し入れや、駐車場のご協力をしてくださった最高な皆さま

そして、春の嵐の中はるばるお越し下さった愛する皆さま

感謝。

Live Painting-みことのいろ- 駐車場および公共交通機関のご案内

一般の方の駐車場はP2へお願いいたします。(2月3日更新)

 

野蛮人の長谷川大地です~

みことのいろ開催まであと2週間。

地域の協力者様とともに
駐車場に息吹を吹き込んでまいりました~~

代々この地で、畑として受け継がれ
今は自然の力で野草がすくすくと育っている土地を
イベント当日のみ、臨時駐車場としてお借りします。

ありがとうございます。

::::::::::::::::::::::

駐車場は全部で3か所です!

添付の画像と合わせて、Google Mapの位置情報を以下リンクよりご確認ください。

P① これぞ駐車場!
シャッターのある倉庫前にお停めください。
https://goo.gl/maps/PjKsLY1ehUP2

P② 野原!
道路より1段低いため、ゆっくりとおはいりください。
https://goo.gl/maps/zCHj23jJEsy

P③ イノシシ襲来エリア!
4WDの挑戦者求む。
https://goo.gl/maps/2HSH8yuvH2t


******************************

公共交通機関
にてお越しくださる方へ

今回の会場である石倉Rizは
霊山筑波山の麓、美しい田園風景が広がる集落に位置しています。

おいそれとは辿り着けない秘境であります故

電車、バス、徒歩でのご来場は童心がくすぐられ
大変(おすすめ)です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【アクセス!!】
石倉Riz
茨城県つくば市神郡111

★電車とバス
JR常磐線土浦駅西口 バスターミナル5番乗り場より

関東鉄道バス「下妻駅」or「筑波山口」行き乗車

「北条駅入口」にて下車

城下町、里山の風景を楽しみ、
地元民と談笑しつつ徒歩で約30分!!
https://goo.gl/maps/nA2k5segRM22

※添付時刻表の色付き部をご参照ください。

(僕たちの愉快な仲間による臨時シャトルカーが運行可能な場合もありますので、申込時に”ご遠慮なく!!”ご相談ください)