Biography

飯泉あやめ

画家、芸術家

「太陽の光あって、空気があって、大地があって、心臓が動いていることに日々驚く」

ペインティング、パフォーマンス、インスタレーション

 茨城県生まれ。自然豊かな田舎街で育つ。幼少期より「かく」ことに没頭。また、病気がちだったあやめは、自然と繋がり合うことで肉体の苦痛を和らげた。木々の木漏れ日を肌で感じること。影の移りゆくスピードと自分の呼吸を重ねること。雨の音に耳を澄ませて雲の形を想像すること。その経験は、あやめのアートにおける感性とスケール感覚を育んでいった。

 2011年、東日本大震災が彼女の芸術性を目覚めさせた。日々増え続ける被災者の”数字”に強烈な違和感を覚え、完全に機械的な動きで小さな正方形を数えながら描き出した。描く過程で沸き起こる感情や感覚、精神状態はひとつひとつの四角に変化をもたらし、ただ生前と並ぶおよそ54万3千個の正方形の蓄積に生命感を与えた。

 生きているとは何か。彼女は建築と栄養学を専門に生び、人体・空間・自然の動的な関係を理解した。知るほどに直感は警告する。世界に人の生命を呼び覚まし、流動させよ。深くから突き動かされた。2018年、アーティスト飯泉あやめとしてのキャリアをスタート。

 あやめの制作は死と対峙することから始まる。自然界のモチーフを用いて感覚と解放し、描くことで生へ向かわせ、生きる動力を作品に滲み出させる。リアルタイムの彼女のバイタルが線を躍動させ、光へコミットする力は色彩に強いコントラストを与える。まるで洞窟の奥深くから太陽のもとへと歩いてゆく一人の人間の心を表すかのように。

 近年は壁画やアートパフォーマンスも手がけ、身体性・空間の概念に挑戦している。かつて人類は大地を見つめて何を感じていたのだろう。絵の具は精神の足跡となり、今日の生命の行先を示していく。

Ayame Iizumi

Painting artist

 Born in a countryside in Ibaraki, Japan. From an early age Ayame was absorbed in drawing. She had been tended to be sick since childhood, and interacted with nature to ease the pain of the body. To feel the sunlight of the tree between the trees with the skin. To overlay the breathing speed of the shadow of the earth with her own breathing. To listen to the sound of rain and imagine the shape of the cloud. Those experiences fostered a sensibility and a sense of scale for her art.

 In 2011, the Great East Japan Earthquake awakened her artistry. She feels a strong sense of discomfort with the ever-increasing “numbers” of victims, and creates her work that continues to draw while counting small squares with completely mechanical movements. The emotions, sensations, and mental states that arose during her drawing changed each square, giving a sense of life to the accumulation of more than 540,000 small squares.

 What is life? Later, Ayame was attracted to life sciences, specializing in nutrition and understanding the dynamic relationship between the human body and nature. So how can I exist and live in this dynamic world with my spirit? In 2018, she started her career as artist Ayame Iizumi. She began to challenge her dynamic worldview, which fused her mind and body with the natural world.

 Her work is characterized by primitive lines and contrasting colors. Her vitals become undulating lines, and the power of life that commits strongly to light becomes color. It’s like representing the heart of a human walking from the depths of a cave to the sun.

 In recent years, he has also worked on mural paintings and art performances, expressing the scale of the natural world. What did human beings look at the earth and feel? Paints become the footprints of the spirit and show the destination of today’s life.

2012年

グループ展「selected works from Japan2012展」/ 2/20Garrelly / New York

映画「東京に来たばかり」美術協力

2013年

個展「An Apple」/ Pepper’s Gallery / 東京

個展「海と空」/ ギャラリー青らんぎ / 東京

グループ展「言葉を越えて」 / 流山生涯学習センター / 千葉県

2017年

RingoChan!として活動

2018年

飯泉あやめとして活動再開

60mの壁画制作「第17回世界湖沼会議 サテライトつちうら 壁画アート」/ 茨城県

 TEDxTsukuba2018 パフォーマンス「受精」 / サイバーダインスタジオ / 茨城県

2019年

パフォーマンス・作品展「みことのいろ-春-」/ 石蔵RIZ / 茨城県

グループ展「ACT大賞展」/ アートコンプレックスセンター / 東京

「IBARAKI LIVE ART MEETING 2019 」出演 / LALAガーデンつくば / 茨城県

グループ展「MEDIA DESIGN 展」/ つくば美術館 / 茨城県

パフォーマンス「その魂 にわか雨の夜に火を灯し」/ 廃物件 / 茨城県

2020年

個展「曙光」/ Gallery Cloud Nine / 茨城県

「JAPAN LIVE ART MEETING 2020」出演 / オンラインパフォーマンス

2021年

個展「キャンディーと心臓」安田記念講堂 / 茨城県