Biography

Ayame Iizumi

Painting artist

 Born with a delicate mind and body. She grew up in an environment where gods and Buddhas blended into her life, coming into contact with the vast nature of Tsukuba City, Ibaraki Prefecture. For Ayame, “life” was both ephemeral and the connection with everything, and it was something that would last forever.

 After the Great East Japan Earthquake, “being alive now” has become irreplaceable. I walked in the mountains of Japan and the world in search of strong real feeling and conviction. At one point she encounters a life-changing shock. Ayame stood on the summit of Kilimanjaro. The morning sun was risen. It was the murderous and intense sunlight that came directly through the clear air. The outline of life burned into her soul. She soon became an artist and began to painting by self-taught.

 The production begins with listening to small changes deep inside the mind and body. While drawing, She is guided by many impressions. The sense of unity between the heartbeat and oxygen, which is full of anxiety and expectations, is transformed into the swell and jump of paint. The sense of unity betweenThe courage, the ground and the body is transformed into an uneven texture. The hope and conviction felt in the sunlight is transformed into a clear contrast of colors.

 Ayame’s work expressed by paintings and words is clear and dynamic. Ayame calls her creation a “gift for life”. It is a gratitude for all the connections she have felt on her journey to the top of the “now” and a pray for the moment when the sun today illuminates a life.

 

飯泉あやめ

画家・アーティスト

 

 茨城県つくば市出身。繊細な心と体を持って生まれました。自然に囲まれ、生活の中に神や仏が溶け込んでいる環境で育ちました。あやめにとって、” いのち ”とは儚いものでもあって、すべてとのつながりそのものでもあって、永遠にあり続けるものでした。

 東日本大震災があってからは、「いま生きていること」がかけがえのないものになりました。強い実感と確信を求めて、日本や世界の山々を歩きました。ある時、人生を変える衝撃を体験します。あやめはキリマンジャロの山頂に立っていました。朝陽が迫り上がってきます。澄み切った空気を貫通してくる殺人的に強烈な太陽光に、照らされました。いのちの輪郭が魂に焼きつきました。まもなくアーティストとなり、独学で絵を描きはじめました。

 制作は、心や体の奥深くにある小さな変化にじっと耳を澄ませることからはじまります。描きながら、たくさんの感動に導かれます。不安と期待に鳴る心臓と酸素との一体感は、絵の具のうねりや飛び跳ねに。勇気に震える体と大地の一体感は、凹凸の質感に。太陽の光に感じた希望と確信は、色彩のコントラストに姿を変えて表れます。

 絵と言葉で生み出されるあやめの作品は、流れるようで、明瞭です。あやめは自身の作品づくりについて、” いのちへの贈り物 ” と呼んでいます。アートは、「いま」の先端にたどり着くまでの旅路で得た、すべてのつながりへの感謝であり、今日の太陽が一個の生命を照らす瞬間への、祈りなのです。

 

活動歴

2012. グループ展「selected works from Japan2012展」/ 2/20Garrelly / ニューヨーク
2012. 映画「東京に来たばかり」美術協力
2013. 個展「An Apple」/ Pepper's Gallery / 東京
2013. 個展「海と空」/ ギャラリー青らんぎ / 東京
2013. 「言葉を越えて」参加  / 流山生涯学習センター / 千葉県
2017. RingoChan!として活動
2018. 飯泉あやめとして活動再開
2018. 60mの壁画制作「第17回世界湖沼会議 サテライトつちうら 壁画アート」/ 茨城
2018. パフォーマンス「受精」/ TEDxTsukuba2018 inサイバーダインスタジオ / 茨城
2019. パフォーマンス・作品展「みことのいろ-春-」/ 石蔵RIZ / 茨城
2019.「IBARAKI LIVE ART MEETING 2019 」出演 / LALAガーデンつくば / 茨城
2019. 美術展「MEDIA DESIGN 展」出展 / つくば美術館 / 茨城
2019. パフォーマンス「その魂 にわか雨の夜に火を灯し」/ 廃物件 / 茨城
2020. 個展「曙光」/ Gallery Cloud Nine / 茨城
2020. 「JAPAN LIVE ART MEETING 2020」出演  (オンラインパフォーマンス)
2021. 個展「キャンディーと心臓」/ 安田記念講堂 / 茨城
2021. 個展「生きていることの狂気的幸福」/ Gyallery jin / 茨城
2021. 「Independent Tokyo 2021」出展  / 東京ポートシティ竹芝 / 東京
2021. 国際美術展「DE.MO LifeStyle」/ M.A.D.S GALLERY / ミラノ
2022. 個展「感情のビッグウェーブに乗るにあたってのいくつかの注意展」/GALLERY AND LINKS 81 / 東京
2022. 芸術祭「つくばアートサイクルプロジェクト2022」出展 / 茨城
2022. 個展「ほろ苦い色彩破裂ごっこ」/ Bar Last Waltz / 茨城