Biography

飯泉あやめ

美術家、画家

〝生きる″ことのために、誰よりも

ペインティング、パフォーマンス、インスタレーション

 茨城県生まれ。自然豊かな田舎街で育つ。幼少期より病気がちだったあやめは、自然と繋がり合うことで肉体の苦痛を和らげた。木々の木漏れ日を肌で感じること。影の移りゆくスピードと自分の呼吸を重ねること。雨の音に耳を澄ませて雲の形を想像すること。その経験は、あやめのアートにおける感性とスケール感覚を育んでいった。

 美術大学の学生時代に、モチーフの岩がカラフルに感じ始めたことがきっかけで、物質的なものでなく、自分が感じている目に見えない”何か”を表現し始めた。しかし2011年、東日本大震災のショックで、あやめはうつ病と拒食症になってしまう。闘病中、苦しみのエネルギーを創作エネルギーに変換し、ボディペインティング、ドローイング、セルフポートレートとして吐き出した。卒業制作では、50万個を超える小さな四角を描き続けるパフォーマンスによって、ひたむきに生きる姿を体現した。目に見えない”何か”は生きる力そのものとなって人々の心を打った。

 美術大学を卒業後、あやめは体の健康のために栄養学を学んだが、命そのものが輝くことはなかった。あやめは自身のかけがえのない命のために、アーティストとなることを決意し、2018年に活動をスタートした。2019年から、全ての命の営みをライブペインティングで可視化する「みことのいろ」を主催。彼女の壮大なライフプロジェクトとして動き出した。あやめの生命の宇宙は、苦しみも喜びも人生の全てを内包した生きる力となって、広がり続ける。

Ayame Iizumi

Painting artist

 Born in a countryside in Ibaraki, Japan. Ayame had been tended to be sick since childhood, and interacted with nature to ease the pain of the body. To feel the sunlight of the tree between the trees with the skin. To overlay the breathing speed of the shadow of the earth with her own breathing. To listen to the sound of rain and imagine the shape of the cloud. Those experiences fostered a sensibility and a sence of scale for her art.

 When she was a student of art university, she began to express something invisible because the world she felt, even if it was a rock, was looked colorful and dynamic. However, due to the shock of the Great East Japan Earthquake in 2011, Ayame became depression and anorexia.  Ayame converted the energy of suffering into creative energy and produced body paintings, drawings, self portraits. As her graduation project, she had been continued to draw over 500,000 small squares to embody the figure of living. Her something invisible became the power to live and touched the audience.

After graduated from the art college, Ayame learned nutrition for her body, but her life was not able to be shine. Ayame decided to become an artist for all-important her life in 2018. She hosts ” Mikoto-no-Iro ” is a live painting performance that visualizes all life. She will produce that project as grandly life work. Ayame’s universe keeps expanding while connotative suffering, pleasure…all of her power of life.

2011年

グループ展「アートサイト八郷~自然の息づかい~」/ 茨城県

2012年

「ムサビ市場」オークション出展、落札 / 武蔵野書房 / 東京

グループ展「selected works from Japan2012展」/ 2/20Garrelly / New York

映画「東京に来たばかり」美術協力

2013年

武蔵野美術大学卒業修了制作展 / 武蔵野美術大学 / 東京

個展「An Apple」/ Pepper’s Gallery / 東京

個展「海と空」/ ギャラリー青らんぎ / 東京

グループ展「言葉を越えて」 / 流山生涯学習センター / 千葉県

2017年

RingoChan!として活動

2018年

飯泉あやめとして活動再開

グループ展「アートサイト八郷」/ 茨城県

60mの壁画制作「第17回世界湖沼会議 サテライトつちうら 壁画アート」/ 茨城県

 TEDxTsukuba2018 パフォーマンス「受精」 / サイバーダインスタジオ / 茨城県

2019年

パフォーマンス・作品展「みことのいろ-春-」/ 石蔵RIZ / 茨城県

グループ展「ACT大賞展」/ アートコンプレックスセンター / 東京

「IBARAKI LIVE ART MEETING 2019 」出演 / LALAガーデンつくば / 茨城県

グループ展「MEDIA DESIGN 展」/ つくば美術館 / 茨城県