Ayame Iizumi

Ayame Iizumi

終えて、感じたのは、魂の底から溺れるほどの熱い感謝 そして、 「もっと描きたい」 * 描き始めて、自分自身の変化に気がついた。 「私は」、「こう描く」「こう残す」「こう見せる」「こうしたい」「こうありたい」 自分のエネル […]

続きを表示

クリニックのエントランスの壁。 さて、どうしよう。 エントランスと待合室は、ガラス面が大きく、空のエネルギーを感じた。 開放的、浮遊感。それでいて落ち着く。その感覚に身を委ねられたら、体調が悪い人も気持ちが和らぐのでは。 […]

続きを表示
error: Content is protected !!