みことのいろ-春-展示のご案内 The Exhibition of Mikoto-no-Iro

撮影:佐野 匠

 

 

 

 

 

 

2月4日に行ったライブペインティング「みことのいろ-春-」の作品の展示をさせていただきます。

作品がまた人目に触れることができるご縁に、心より感謝いたします。

できる限り実際に近い雰囲気を体験していただけるよう、

ペインティング作品と共に映像の投影も予定しております。

音と踊りが石造りの蔵にこだまし、いのちあった様を、ありありと残る絵の具の色々と共に感じていただければと思います。

(映像はカメラマンの佐野匠さんの撮影です)

We will exhibit an art work created at “Mikoto-no-Iro” on February 4th.

“Mikoto-no-Iro” is an ad lib and live painting performance to paint all inspiration of life.

Thank you for the opportunity to exhibit my work.

We will project a recoded image beside of a painting in other to reproduce the air of that world includes sound and dance.

(Takumi Sano filmed)

***

とき:3月30日(土)、31日(日)11:00-17:00

両日とも私が在廊しております。

ところ:石倉RIZ

茨城県つくば市神郡111 (つくば駅から車で約25分)

駐車場は現地の案内をご覧くださいませ。

なお、12:00-16:00には、同じ会場のテラスにてカフェが営業しております。

色とりどりの具材たっぷりのカレーもご提供されるとこのことです、筑波山を望みながらご賞味ください。

<Date > 30-31/3  11:00 a.m.-5:00 p.m.

I will stay both days.

<Place>  Ishigura-RIZ

<Adress>  111 Kangoori Tsukuba Ibaraki

It takes about 25 mins from Tsukuba station by car.

Please check information about the parking at the site.

You can also enjoy delicious curry and drinks at cafe open 12:00 p.m.-16:00 p.m.

 

***

4月1日までの3日間は「ゆけゆけ!乙女のつくば道」というイベント期間でもございます。

つくば道界隈を散策でき、見どころお楽しみどころ満載です。

春を感じる週末のご予定に、ぜひお越しください。

An spring event will be held on 1/4-30/3 around this area.

MAP↓乙女のつくば道のマップチラシ表・裏(クリックしてpdfをご覧いただけます)

 

皆様にお目にかかれることを楽しみにお待ちしております。

Thank you

 

 

 

 

 

みことのいろ-春- 感謝

終えて、感じたのは、魂の底から溺れるほどの熱い感謝

そして、

「もっと描きたい」

描き始めて、自分自身の変化に気がついた。

「私は」、「こう描く」「こう残す」「こう見せる」「こうしたい」「こうありたい」

自分のエネルギーが意図的に介入している感じ。それはそれで引き締まるパワーがある。昨年秋まではその傾向が強かったように思う。

でも今回は、意図より、ただただそこで起こる因果を感じていた。

私が思う私でなく、”何か”として。

目が隠れる白いウィッグはその心境で着用した。

“何か”になったことで、私の意識も”どこか”にあった。

自分と世界との間のどこかへ。

私がイメージしていたのは、パフォーマンスはじめの30分ほどまで。

こんなにも絵の具まみれになるとは思っても見なかったし、

描いたそばから足で消されたり、

楽器にまで描いたり、

ダンサーを抱きしめたり、

自己主張を四方八方から同時に受けたり、

カオスとパーフェクトが表裏一体の世界。

いのちはこんなにもあつい。

赤い絵の具を多く使用することに決めたのは、開演直前で、

あの嵐のように吹き荒れる春一番のエネルギーにインスパイアされた。

あついあつい血液が、私をゆっくりと溺れさせる。

描き終えてもしばらくはいのちが私の気管を塞いでいたのと、意識もどこかにいったままで、肉体の動かし方がよくわからなかった。

なんとなく動けるようになって最後にほんとうにゆっくりと合掌した。

祈ることもまた、意識が何か全く異次元に昇華される感じがする。

ここで混ざり合ったあつい何かが、渦巻くひと塊りとなって、昇華されていった。

もしも、このひと塊りが魂のようなもので、遠い宇宙に届くのだとしたら、、、

そんなことを考えていた。

“あやめ”に戻ってからは、あついいのちは、感謝となって私を再び溺れさせた。

こっそり涙を流してとりあえずは落ち着いてから、もっと描きたいな、と思った。

湧き上がる何かを、自分と世界の間にある何かを、宇宙に届く神秘を。

描くことは、見えるし、残るのだ。

見せよう、残そうという意図がない今回の状況下において、描くことの当たり前のような意味に、またひとつ気が付いた。

残すのか、残るのか。

圧倒的ないのちの宇宙の中で、私はどう在るのか。自然と芸術。人間のあり方。私の生き方。

問いが私を動かす。

体験と気づきによって、私と私の作品は、作品を体験してくださった人々と共に、進化していく。

ありがとう。

つづく。

Photo by Masayo Kimura

みことのいろ-春-

絵 飯泉あやめ

音 長谷川大地

踊 中野香澄

会場 石倉璃厨RIZ

協賛 つくば里の文化

協力 野堀 真哉(運営)、木村 真代(制作)、筒井塗装(塗料)、佐野 匠(映像)

当日、作品への参加、あたたかな差し入れや、駐車場のご協力をしてくださった最高な皆さま

そして、春の嵐の中はるばるお越し下さった愛する皆さま

感謝。

Live Painting-みことのいろ- 駐車場および公共交通機関のご案内

一般の方の駐車場はP2へお願いいたします。(2月3日更新)

 

野蛮人の長谷川大地です~

みことのいろ開催まであと2週間。

地域の協力者様とともに
駐車場に息吹を吹き込んでまいりました~~

代々この地で、畑として受け継がれ
今は自然の力で野草がすくすくと育っている土地を
イベント当日のみ、臨時駐車場としてお借りします。

ありがとうございます。

::::::::::::::::::::::

駐車場は全部で3か所です!

添付の画像と合わせて、Google Mapの位置情報を以下リンクよりご確認ください。

P① これぞ駐車場!
シャッターのある倉庫前にお停めください。
https://goo.gl/maps/PjKsLY1ehUP2

P② 野原!
道路より1段低いため、ゆっくりとおはいりください。
https://goo.gl/maps/zCHj23jJEsy

P③ イノシシ襲来エリア!
4WDの挑戦者求む。
https://goo.gl/maps/2HSH8yuvH2t


******************************

公共交通機関
にてお越しくださる方へ

今回の会場である石倉Rizは
霊山筑波山の麓、美しい田園風景が広がる集落に位置しています。

おいそれとは辿り着けない秘境であります故

電車、バス、徒歩でのご来場は童心がくすぐられ
大変(おすすめ)です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【アクセス!!】
石倉Riz
茨城県つくば市神郡111

★電車とバス
JR常磐線土浦駅西口 バスターミナル5番乗り場より

関東鉄道バス「下妻駅」or「筑波山口」行き乗車

「北条駅入口」にて下車

城下町、里山の風景を楽しみ、
地元民と談笑しつつ徒歩で約30分!!
https://goo.gl/maps/nA2k5segRM22

※添付時刻表の色付き部をご参照ください。

(僕たちの愉快な仲間による臨時シャトルカーが運行可能な場合もありますので、申込時に”ご遠慮なく!!”ご相談ください)

 

Live Painting -みことのいろ- を開催いたします。

時は立春。2月4日です。

みことのいろと名付けました。
「みこと」には命、生き物を生かす根源的な力の意味があります。
「いろ」には存在の本質、出会いの瞬間のときめきの意味があります。

 

私は普段から、万物から湧き出る目に見えない何かを感じ取って描いています。

本当は存在しないものなのかもしれないけれど、

それを感じているとき私はとても豊かで幸福で愛に溢れ魂の喜びに満ちています。

理屈では到底説明し得ないレベルで私は私の感じる世界を描かずにはいられません。

 

ライブペインティングによって、その場所や人や空気までも全てと混ざりあう様を感じ、その瞬間を描き出したいのです。

命にとって、ものすごく大切なことのような気がするからです。

 

今回は皆さまにもご参加いただける形で”音”とコラボレーションします。

耳を澄ませて、感じ取った音に合わせて床に敷いた約6m×9mの布に描いてゆきます。

あなたの目の前であなたのエネルギーが人と空間と全てと混ざり合っていく様子を思い描いています。

以下、facebookイベントページより
https://www.facebook.com/events/301494770472717/?active_tab=discussion
*****************************************
 
”いのち”の色を視覚化するアーティスト、飯泉あやめ
 
 
“楽譜なんていらん、読めんし”
狩猟音遊人野蛮人、長谷川大地
 
 
TedxTsukuba2018にて初の共演を果たし、大好評を得た二人が
 
 
再び”まつり”を仕掛ける!!
 
新たに仲間に加わった
 
 
“Cafe日升庵”オーナー。
筑波山麓に新たな風を起こす、野堀真哉
 
 
“この娘、極めてユニーク”
すべてを巻き込むうずの踊り子、中野香澄
 
 
と共に
 
 
“いのち”がいまここに混ざり合う
 
 
 
*****************************************
 
 
冬の眠りから
あらゆる”いのち”が目を覚ます、立春
 
 
あなたの”いのち”がおもむくままに
 
 
“演者と観客”なんておもいこみから飛び出し
 
 
おどろう。
 
 
うたおう。
 
 
おまつりの後には
 
 
あたたかい食事、飲み物を楽しみながら直会を致しましょう。
 
 
 
とき
2月4日 立春
開場 14:00
開演 14:30
終演 15:30
直会~17:00迄
 
ところ
【石倉璃厨Riz】
茨城県つくば市神郡111
駐車場に限りがありますので、どうぞ乗り合わせてお越しください。
 のちのち案内をアップしてゆきます。
 
さんかひ
どねいしょん
おいくらでも、お気持ちをお願いします
 
もちもの
鳴り物をお持ちの方はぜひに。
食器類
十分にあたたかい服装でお越しください。
(服や体にもいのちの絵の具がついて欲しい方はお好きな服装でぜひに)
 
 
★参加申込先
 FBメッセージ 長谷川 大地 (Daichi Hasegawa)
 E-MAIL : dddda66@gmail.com
 
以下フォーマットにご記入ください
  氏名  :
  連絡先 :
  交通手段:車or公共交通機関
 
※締切2月1日
*****************************************
 
協賛
 一般財団法人つくば里の文化

Rain Drops

クリニックのエントランスの壁。

さて、どうしよう。

エントランスと待合室は、ガラス面が大きく、空のエネルギーを感じた。

開放的、浮遊感。それでいて落ち着く。その感覚に身を委ねられたら、体調が悪い人も気持ちが和らぐのでは。

頭の中でふわふわとイメージが降りてくる。

いろんな色と形、丸みのあるシルエット、動き。

頭の中はすでに水滴とリズムでいっぱいだった。

、、、今回は絵、じゃない、かも、、、。

感覚の監督がすでに創る気満々だった。

それから、98%くらいは「どうやって創るか?」で頭がいっぱいだった。

雨の日に屋外のテーブルにできた水滴たちの集まりがモチーフになっていて、その時のスケッチが一枚。それから感覚の記憶と空のエネルギーをミックスした”何かこんな感じ”というのだけが明確にあって、なんかとにかくこういった感じのを創りたいんですけど、どうすれば良いでしょうか?の質問ループが始まった。

ご縁というものは恐ろしいもので、その質問をするにジャストな出会いがジャストなタイミングであったりする。

その助言や素材との出会いによって、かろうじて一つ作業が進む。

手を進めては次の手に行き詰まり、人と話す。そしてまた一つ進む。

自然界と人に想いをはせる制作過程はとても有機的なもので、

私の心境は、ランダムな色の混ざり合いを楽しむ色彩表現にも表れた。

目に見えない何かを感じて幸せな気持ちになった。

単に物質的なインパクトとかじゃなくて、”無”や”ありのままそのまま”が持つ無限性を感じて豊かな気持ちになった。

それが、白と半透明の凹凸でできた土台の陰影に表れた。

下地に使用した”ジェッソ”は、学生時代、ファインアートに憧れていたとき、油絵学科の友人に教えてもらったものだ。

作品は高さが2メートル以上あり、設置の作業までも最後の最後まで助けを借りて、ようやく人目に触れられるようになった。

ありがとうでいっぱいだ。

水滴のようで空のようで、紛れもなく、その時のわたしを構成している”世界”や”つながり”が形になった作品な気がした。

 

 

展示のお知らせ

先日のライブペンティングの作品”受精”がご覧いただけるようになりました。

場所:イーアスつくば2Fサーバーダインスタジオ

期間:2018年11月13日〜2019年1月30日

撮影OK

絵と衣装を展示させていただきます。

絵は布に描いており、次回ライブペインティングの衣装となります。

そうしますと二度と現在の一枚の絵には戻りませんので、

あなたのいのちのために、

進化の軌跡に出会いにいらしてください。

原画がお嫁にゆきました。

こちらは、今月のとあるイベントのパッケージの原画です。

依頼主さまに気に入っていただき、そのままお買い上げいただきました。

絵にとてもよく馴染む額とマットとも出会うことができ、

ほこほことあたたかい気持ちです。

依頼主さまの玄関に、愛のあるあたたかな風がもたらされますように

***

「こういったところにあやめさんに自由に絵を描いてほしいのだけど…できますか?」

といったご相談を最近少しずついただけるようになりました。

わたしの表現は、エネルギーを感じ取り、インスピレーションを大切にした抽象的なものです。

そのデリケートな感覚を認め、純粋にどのような表現に仕上がるのか楽しみにしてくださっている方がいることに

魂の喜びを感じます。

目に見えない、だけど、本当にある本当の自分を受け入れてもらえたようで、

嬉しいのです。

 

ハーブティーからのエネルギー

 

お打ち合わせで、ハーブの処方とカフェのお店「ROOT」へ。

フレッシュなインスピレーションを大切にしているので、私の活動は必ず、

その人・その場所・その空間を”体感する”ことから始まります。

ROOTは根という意味です。

その名の通り、店内には大地のエネルギーで溢れ、光のエネルギーが濃縮されていました。

わたしはこちらでハーブティーをいただきました。

中身はその時の私の五感に合ったものを。

香りを感じると、私が生まれてから感じてきた大地と光の記憶が蘇りました。

乾いた葉っぱを踏みしめながら歩いた秋の小道、

木漏れ日のはかなさと少しのあたたかさ、

その間をかすかに吹く朝の風。

ROOTには薬剤師さんがいて、ハーブを”処方”してくださいます。

私はこの日、ハーブティーをいただいて、

処方して実現することは、その時に必要なエネルギーを補い、

そのエネルギーの力を借りて心と体の記憶(機能)を蘇らせることによって、

飲んだ人が元気になることなのだと理解しました。

 

この日、ROOTではランチとシフォンケーキのプレートを振舞ってくださいました。

一つ一つに植物のエネルギーと個性が感じられ、五感を楽しく使って味わいました。

プレートの植物はお店のお庭で育てられているもので、全て食べることができます。

直前に摘んできてくださいました。

盛り付けはわたしが…タイトルは”秋の吹き溜まり”です(笑)

いろんな素敵なものたちが秋の風に乗ってやってきたイメージですがタイトルがちょっとあれですかね…。

 

気持ちの良い、かつ、エネルギッシュなインスピレーションが湧いてきそうです。

皆様もぜひ体感してみてください。

 

ハーブカフェ ROOT

https://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8019545/

駐車場には限りがありますので、乗り合わせでお越しください。

お近くの方はお散歩がてら。

Livepainting x 長谷川大地 x TEDxTsukuba2018

 

ライブペインティングを終えて、「インスタレーションでもあるのですか?」と聴かれました。

その通りです。

物理的に描いているのは平面ですが、感覚のキャパシティは空間全体に広がっており、

オーディエンスと長谷川大地さん、飯泉あやめのその瞬間のエネルギーが融合されて生まれるパフォーマンスであり、空間そのものです。

オーディエンスはその空間そのものを体感します。

 

今回のパフォーマンスはTEDxTsukuba2018の一環としてやらせていただきました。

イーアスつくばのサイバーダインスタジオ奥にあるオムニビジョンをお借りし、

シアターのように鑑賞に徹することのできる環境下において、

音と絵の具と人間とがデフォルメされ、約15分間の完全なる沈黙の中で、表現の破壊と創造が生々しく繰り返されます。

 

冒頭の”おどり”によって私たちは個を脱皮し、人間として目覚めます。

その過程で感覚→表現の心地よい回路を会得します。

表現範囲はパネルにとどまる事なく、表現者の皮膚に及びます。

絵の具を唇にあてがったかと思えば、太鼓に歩み寄りじっと音を聴き、喜び、絵の具をパネルに打ちつけます。

飛び散った絵の具がボタボタと音を立てて、衣装に、足元に爪痕を残します。

描かれた形は、思考の介入する余地なく上描きされてゆき、新たな瞬間創造の餌食となります。

狂気的なようで理性は冷静かつ正常に機能し、わたしは完全でありました。

最高に生きていました。

 

また必ずパフォーマンスの場をしつらえたいとおもいます。

健やかにご期待くださいませ。

 

みんなみんな

ありがとう

愛を込めて

運営 TEDxTsukuba2018

会場 CYBERDYNE STUDIO

共演 長谷川大地

資材協力 有限会社 筒井塗装 土浦市青年会議所

制作協力 野掘真哉 木村真代

生きること

わたしは感覚の世界(目に見えない)と物質の世界(目に見える)、2つの世界に生きている。

皆、そうだと思うのだけど、わたしは特に感覚の世界に大きく偏って感じている。

例えば、空を見上げた時、「青い」「曇っている」「鳥がいる」などは物質の世界。

「つながっている感じ」「平和的」「エネルギーを感じる」「たくさんの色を感じる」は感覚の世界。

わたしは、建物や木々、人や地形すらその形状をしたエネルギーの塊として受け取り、更に有機物は周囲と被って見える(エネルギーが循環して代謝して常に変化している感じに見える)ので、

人の顔をちゃんと覚えられなかったり、時間軸がわからなくなったり、よく道に迷う。

 

先日、原因はわからないけれど、感覚が働かなくなった時があった。

完全に物質しか見えなくなって、そうしたら、

自分が世界のどこに存在していて、どこへ向かって行くのか、全くわからなくなった。

恐怖だった。

骨と肉と皮がついてる人形になった気分だった。

空と植物と空気と、会話を、しなくては。

わたしどうやってたんだっけ、、、?

とにかく外に出て、植物に触れることにした。

アトリエのそばの林へ行った。

林には樹齢300年ほどの杉の木があって、そのうち2本は、今年の台風で折れてしまった。

その後、いくつかに解体されて並べられている。

その一つに腰掛けた。

すると、自分の体温よりちょっと低いくらいの何かがわたしの上半身に下から満ちて行くのを感じた。

木々の間を風が吹いた。

木々の木漏れ日の色が見え、風の形が見えた。切りたての杉の断面からは、生ぬるい何かが上へ上へほとばしっていた。

わたしは感覚の世界に戻った。

 

 

この経験はわたしに重要な気づきを与えてくれた。

「自分が世界のどこに存在していて、どこへ向かって行くのか」

地理的にどこにいて、どこへ移動するかではない。

感覚は生きることそのものを教えてくれている。

 

 

目に見えない世界と繋がっていながら、目に見える世界と関わることに、自己分裂しそうな苦しさを感じることはたくさんある。

ずっとそうだった。

わたしはもっとわたしとして世界で生きていたい。

はじまりは本当にただそれだけだ。