みことのいろ Mikoto-no-Iro

 「みことのいろ」の作品は、その場その時に存在する、みこと=いのちの全てを即興で描くライブペインティングによって生まれる。パフォーマンスで生まれた作品は、姿形を変えて進化していき、最終回は”死”を遂げる長期のアートプロジェクト。生きるとは。死ぬとは。飯泉あやめの人生を賭けた壮大な問いがぶつかる。

 Mikoto-no-Iro is Live Painting art. I paint all lifes I feel on there. Mikoto-no-Iro evolves over and over again by changing the form of a painting and applying it to the next performance. (For example, this costume is made of the previous painting on cloth) Through the long process, Mikoto-no-Iro becames a big cosmo of life and the last performance will have the theme of death.

 2019年2月4日に、第1回目となる「みことのいろ-春-」のパフォーマンスを行った。「春」での衣装は、第0回目の作品でできており、「春」もまた、次のパフォーマンスの一部に取り込まれていく。絵・音・踊りがコラボレーションし、観客までも、その空間に存在するもの全てが混ざり合い、生命のエネルギーが爆発したかのような作品が生まれた。

 On February 4, 2019, We performed the first performance “Mito-no-Iro Spring”. The costume for “spring” is made of the previous work, and “spring” is also included in the next performance. Paintings, sounds and dances collaborated, and even the audience mixed everything that existed there, creating a work as if life had exploded.

みことのいろ-春-キャスト

会場:石倉RIZ、絵:飯泉あやめ、音:長谷川大地、踊り:中野香澄、アシスタント:野堀真哉、写真・映像:佐野匠、制作協力:木村真代、カフェ協力:日升庵、会場協賛:一般財団法人つくば里の文化、ご来場のみなさま

写真:佐野 匠